アフィリエイターはSEO対策、サイト作成、記事ライティングができる人。

こんばんは、ワウクリマンです。

今日はサイト運営という仕事について書いていきたいと思います。

サイト運営と書いていますが、私のような働き方をする人をアフィリエイターともいいます。

アフィリエイターというのは企業の商品を自分のサイト上で紹介して対価を得るような人なのですが、これをするには幅広いウェブの知識が必要になります。

ただ、サイト運営のいいところはやった分が残って自動で稼ぐ仕組みになるということです。

普通の仕事って労働に対してお金が発生するじゃないですか?サイト運営というのは一度した作業は「記事」として残りますからね。年月がたつごとにドンドン積みあがるんです。

もちろんすぐに収益が発生することはないので、はじめは相当割には合わないですけど、その後自動で回り始めれば大きいですよ~。仮にけがをして入院してたとしてもサイトはずっとネット上で稼ぎ続けるわけですから。

アフィリエイターの知識

どんな知識がいるのかつらつら書いていきます。

ドメインとサーバーを契約する知識

アフィリエイターは、まず自分のサイトを持つのが前提です。

サイトを持つためにはドメインとサーバーの契約が必要になります。

このブログでいうと、「https://wowcreator.jp」というのがドメインで、これは世界に1つのネット上の住所のようなものです。

つまり欲しい文字列は早い者勝ちになります。

サーバーは、サイトのデータ(文字だったり画像だったり)を保存するところで、現実世界では土地のようなものです。

この2つを契約し、まずは住所と土地を手に入れることができなければいけません。

サイトの構造を作る知識

住所と土地が手に入ったら、次は家を建てます。

この家がサイトの構造で、このブログの場合は「ワードプレス」というもので作っています。

部屋の数は、どのくらいの広さかなど、自分なりに構成するんです。

ライティングの知識

次に記事を書くための知識がいります。

いきなりこれがある人はいないのですが、毎日少しづつ書いているとドンドンうまくなりますね。

ここが上手くなれば商品の説明がわかりやすくなったり、文章が読みやすくなったりしますので、売上につながりやすくなります。

上位表示の知識

書いた文書がグーグルなどの検索エンジンで検索した時になるべく上位に表示されるような知識も必要になります。

これをSEO対策というのですが、これだけを専門にしている会社もあるくらいの専門性です。

上位に表示されれば当然サイトに来る人の数が多くなりますので、売上につながりやすくなるんです。

サイト運営はこんな感じ

アフィリエイターの知識を見て、まじかー。ハードルたけー。と思いました?

私も思っていますw

これらの知識は掘り下げようと思えばどこまででも掘り下がれますし、その1つ1つを専門にしている人もいますので、いきなりマスターとかできるものでもありません。

私も偉そうに書いてますが、全然まだまだヒヨッコです。

で、サイト運営なんですが、これらの知識を使いながらサイトを作っていきます。

どんなサイトを作るのかとか、その手段などは色々とあるのですが、基本的には人の悩みにフォーカスしたサイトを作ることが多いです。

ニキビケア、脱毛、育毛、婚活、車買取とかとにかく広告はたくさんあるので、自分が作りたいもの、需要が多い物などで作るわけです。

アフィリエイターはその知識が活かせる

アフィリエイターはサイトを作ることだけでなく、どうやってアクセスを集めて、どうやって文章を書くといいのかということを日々考えていますので、それら単体の仕事をいただくということもあります。

たとえば、地元の企業のサイトを作ってくれない?とか、このキーワードで検索上位にいきたいんだけど手伝ってくれない?とかの依頼がくることもあります。

ホームページひとつとっても、作ってくれる会社にお願いしたら30万円くらいしてもおかしくないですが、アフィリエイターに頼めばもっと安くできるでしょう。

どうやったら身に付くのか

これらの知識はどうやったら身に付くのか?ということですが、ひとつひとつ自分でやるのがいいですね。

自分でググりながらでもできますけど、このブログでも徐々に紹介していこうと思います。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

サイト運営は無料ブログではダメな理由。独自ドメインのよさとは