ならここの里キャンプ場でコテージ宿泊したので口コミブログ書きます

今回は掛川にある「ならここの里」へ行ってきたのでその様子をお届けします。

夏の楽しみの1つ、川遊びやキャンプを楽しんできました!

ならここの里の場所

まず場所ですが、掛川の山奥です。

車なら東名掛川ICから30分、新東名森掛川ICから15分、バスで掛川駅から35分というアクセスです。

アクセスはいいので意外とすぐに行くことができます。

ならここの里で川遊び、釣りもできる

初日は10時過ぎくらいに到着し、川遊びをしました。

ならここの里の横には原野谷川が流れています。

雨がどのくらい降ったかにもよりますが、今回は水量もそこそこで流れも緩やかでした。

吊り橋もあって、ちょっとしたドキドキも味わうことができます。

川の水はきれいで小魚も泳いでいますし、冷たくて気持ちがいいです。

スライダーのようになっているところもありました。

子供たちは大はしゃぎです。

原野谷川ではアユ釣りが盛んで、釣りも楽しむことができるようです。

ただキャンプ地に近い所は写真のように泳ぐ人がそこそこいるので釣りは難しいと思います。

釣りをされる方は遊漁券を購入して楽しんで下さいね。

受付でチェックイン

しばらく楽しんだ後は受付棟でチェックイン。今回はコテージを予約したのでカギをもらいます。

受付の中には色んな商品も売っていて、花火やカセットボンベなどバーベキューやキャンプに使いそうなものが置いてありました。

ならここの里のコテージはこんな感じ

今回は大人3人、子供3人ということでコテージに宿泊してみました。

コテージはエアコン、お風呂、キッチンなどが付いている2階建ての建物です。

バンガローも検討したのですが、エアコンなしでかなり暑そうなのでスルーしました。

キャンプは道具もないので…。

コテージは人数によって金額は変わりますが、6人なら 27,600円(幼稚園以下は1人500円)とリーズナブルです。

外でバーベキューもできます。

お風呂やトイレも綺麗です。

キッチンも十分な広さ、レンジや冷蔵庫もあります。

炊飯器やポット、食器や包丁なども揃っていて至れり尽くせり。

2階は畳貼りで寝具があります。

寝る所が別になっていると、子供だけ先に寝かせつけることもできるのでいいですね。

我が家のように自然の中で軽く遊ぶ目的なら、こういう施設は最高だと思います。

ならここの里のバンガロー

バンガローはちょっとキャンプ気分を味わいたい人にはいいかもしれません。

私的には電源がUSBくらいしかなかったり、暑くて寝苦しそうなのでスルーしましたが…。

ならここの里のキャンプは

キャンプ利用をされる方は多く、人気があるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

natsu(@ntk__camp)がシェアした投稿

広々していますし、自然たっぷりなのでとってもリラックスできると思います。

テント張ったり、バーベキューしたり、川遊びしたり楽しそうです。

ならここの里の予約の仕方は

予約をするには予約サイトからできます。

サイトも見やすいのでスムーズにできるはずです。

バーべキューレンタルなどは?

キャンプなどに使う寝具、炊飯具、バーベキュー道具などは一部レンタルがあります。

リストはこちらをご覧下さい。

また受付棟では炭や、焼き肉のたれ、氷、カセットボンベなども販売しています。

ならここの湯「温泉」にも行ってみた

ならここの里には天然温泉もあるんです。

キャンプ場からも歩いてすぐですので、これはいい!

温泉は大きくはありませんが内風呂、外風呂とあって十分に温まることができました。

もちろん湯上りのコーヒー牛乳やドリンクもあります。

また隣には「ならここ食堂」があり、お食事もいただけます。

キャンプ場利用者だけでなく、この温泉利用だけで来るお客さんもけっこういるみたいです。

というわけで今回はならここの里のレポートでした。

ここはアクセスもいいですし、自然いっぱいなのに安心して遊べるのでまたリピートしたいと思いました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイのバンコク旅行記|航空機やタクシーなど乗り物について

カピオラニ公園に家族で行きました

ハワイで見た面白いもの。

美ら海水族館で初ジンベイザメ!お土産やランチ、お得な前売りチケットまで。

月読宮参拝|江原さんで有名なパワースポット!駐車場や御朱印など

移動はタクシーよりもUber(ウーバー)?使い方やチップなど。