歯の矯正中に使うべきホワイトニング歯磨き粉ランキング


歯の矯正中って、歯や矯正器具に汚れが溜まりやすいですよね。

汚れが蓄積すると、虫歯になってしまったり色素がしみ込んで見た目や口臭も気になってしまうものです。

矯正中も歯を綺麗に保つには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

普通の歯磨き粉よりもホワイトニング歯磨き粉を使った方がいいのでしょうか?

そんな話を書いていこうと思います。

歯の矯正中は虫歯や着色気味になりがち

矯正中は、歯と器具の間に食べ物や汚れが溜まりやすく、歯磨きでは届きにくい部分があるため、虫歯や歯の色素沈着が起こりやすくなります。

矯正器具を固定する透明なゴムにも色がつきやすく、カレーやコーヒーなど色残りしやすいものを食べたり飲んだりしていると、すぐにゴムが黄ばんで汚らしい印象に…。

矯正中はただでさえ、大きく口を開けて笑ったりすることがはばかられますが、歯や器具に汚れや色素沈着が目立つと、ますます歯を隠したくなって口を開けること自体嫌になってしまいます。

さらに悲しいのが、歯や器具の汚れは虫歯や口臭の元になってしまうこと…。

いくら歯並びを良くするためでも、矯正は何年もかかるものですからその間ずっとお口の悩みが尽きないというのは本当に辛いものです。

お金も時間もかかって、器具をつけた状態は見た目も良くない…、なのに汚れや色素がつきやすく虫歯にもなりやすい、さらには口臭やお口のトラブルの元、ともなると、心が折れそうになりますよね…!


最近では決められた時間のみ装着するマウスピース型の矯正器具もありますが、長期間つけたままにしておくブラケットがやはり主流。

ブラケット矯正をしている間、少しでも快適に過ごすためには毎日のケアがとても重要になってくるってことですね。

 

私はコーヒーや紅茶、ワインが大好きなんですが、どれも色素沈着しやすい飲み物です。

カレーやデミグラスソース、ケチャップ、着色料が入っている飲食物などなど、色素沈着しやすい食べ物もたくさんあります。

もちろん、タバコのヤニも色素沈着の大敵なので喫煙してる方も要注意ですよ。

 

矯正中はホワイトニング歯磨き粉よりも磨き方に注意

さて、矯正中の歯のケアですが、まず何より重要なのは歯の磨き方です。

適当に磨くだけでは、歯ブラシが矯正器具のすき間やワイヤーについた汚れに届きませんから、どんなに高級な歯磨き粉を使っても意味がありません。

歯ブラシ選びもとても重要。普通の歯ブラシだけでなくタフトブラシや歯間ブラシなど、部分ごとに何本か使いわけて磨きましょう。

せっかく矯正を始めても、虫歯になってしまうと装置を外して虫歯の治療をすることになります。

これをくり返していたら、どんどん矯正の期間が延びてしまいますよね。

では矯正中の歯磨きのポイントはというと…

歯磨きは朝と夜の二回という人も多いと思いますが、なるべく毎食後一日三回磨くようにしましょう。

それに加えて、コーヒーや紅茶など色素沈着しやすい飲食をした後にも歯を磨くのが理想ですが、歯磨きする時間が無い時は口をゆすぐだけでも違います。

歯の磨き方は、器具の周りは食べカスなどの汚れがつきやすいので、歯ブラシを色々な角度から当て、歯ブラシの先端や側面も使って汚れをかきだすように落としましょう。

ブラシの毛は、かためよりもやわらかめで毛先が細いもののほうが、歯に密着しやすくすき間にも入りやすいのでおすすめです。歯を一本づつ磨くように、歯ブラシを小刻みに往復して動かしていきます。

歯ブラシが届きにくい部分は、タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)などを駆使して汚れを落とします。

タフトブラシとは、ヘッドに直径5ミリほどの山形の毛束がついている歯ブラシです。毛束が小さく尖った形状のため、歯や器具の細かなすき間を磨きやすいのが特徴です。

歯間ブラシやデンタルフロスは、歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯垢などの汚れを除去する時に使います。やりすぎも厳禁ですが、これをやるかやらないかで大きな差が出ますよ。


歯の表面だけなんとなく磨いても、歯垢は全然取り切れてないことが多いんですよね。

矯正中だと尚更です。

歯ブラシや歯間ブラシなどを何種類も使い分けるなんてとっても面倒に思ってしまいますが、全ては綺麗な歯になるため…虫歯や口臭を予防するため…って思って頑張りましょう~!

以下のサイトも参考にしてみてくださいね。⇩
https://www.kureishi.net/mame/3027.html

 

矯正中に使うべきホワイトニング歯磨き粉ランキング

矯正中は歯の磨き方がとても重要だとご説明しましたが、どうせ使うなら普通の歯磨き粉よりもホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

もちろんしっかり歯磨きできていることが大前提なのですが、ホワイトニング歯磨き粉には歯の汚れや色素沈着を落とす有効成分が配合されているので、矯正中の歯や器具を綺麗に保つ働きを手助けしてくれますよ。

では矯正中に使うべきホワイトニング歯磨き粉は、どんなものがいいのでしょうか?厳選した3つのホワイトニング歯磨き粉をご紹介します。

①アパガード プレミオ

アパガードプレミオは、2017年に『アットコスメ』のベストコスメアワードで殿堂入りしているほど人気のホワイトニング歯磨き粉です。

極々小さな独自成分であるナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」を高配合。矯正器具や歯のすき間にも浸透して歯垢を吸着除去します。

さらに、ナノレベルで歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを補給して、欠損したエナメル質を修復・再石灰化してむし歯も予防。

アパガードプレミオはエナメル質を健康にしながら、光沢剤である「パール成分」でブライトニング処方し歯を白くしてくれます。


アパガード(APAGARD)プレミオ100g ホワイトニング むし歯予防 ハミガキ プレミアムタイプ(医薬部外品)

 

②コンクール ジェルコートF

コンクールジェルコートFは発泡剤も研磨剤も不使用、口の中が泡だらけにならず、歯の表面を傷めない成分で作られています。

口の中が泡だらけになってしまうと、歯全体を磨いた気になってしまい磨き残しができてしまいがちです。

また、歯科推奨の殺菌剤である「塩酸クロルヘキシジン」とフッ化ナトリウム(フッ素)の働きで、虫歯の発生や進行、歯周炎、歯肉炎、口臭の予防をします。

一度歯磨きをした後、ジェルコートFをもう一度歯面全体に行き渡らせるように軽くブラッシングし、1度だけ軽く口をゆすぐことで、さらにしっかり歯を守ることができます。


コンクール ジェルコートF 90g

 

③DENTAL BEAUTY CAREホワイトニング

DENTAL BEAUTY CAREホワイトニングは、「ポリエチレングリコール」が歯の表面に付着したコーヒーやタバコなどの色素沈着物(ステイン)をやさしく浮き上がらせて溶解し、白いツルツルの歯へと導きます。

清掃剤である「パール末」が歯に輝きを与え、「ゼオライト」が歯石の沈着を防ぎます。研磨剤不使用なので歯の表面を傷つけることもありません。


デンタルビューティーケア ホワイトニング (100g)

 


ナノ粒子が配合されていたり、ジェルタイプのホワイトニング歯磨き粉は、矯正器具や歯のすき間にも浸透しやすいのでおすすめです。

汚れが溜まりやすく色素沈着しやすい細かなすき間部分の汚れも落としやすくなり、再付着を防ぐ働きもしてくれます。

研磨剤が配合された歯磨き粉は歯や器具を傷つけてしまうので、その傷に汚れや歯垢が溜まりやすくなります。

ぜひ、研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉を選ぶようにして下さいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ホワイトエッセンスの体験談を口コミ!ホワイトニングの効果とは?

ホワイトニング後の食べ物で避けるべきもの5選!

ホワイトニング歯磨き粉の口コミを集めてみました

【2020最新版】歯を白くする方法を調べてみた。 アルミホイルや重曹、自宅で簡単...

ホワイトニングのデメリットをまとめてみた

クレスト3Dホワイトニングシート、テープの効果とは?口コミやその種類を紹介